カフランギ・エステート|Kahurangi Estate

カフランギ・エステートは南島、ネルソンの中心部から西へ車で30分程のUpper Moutereにあり、手造りのワインにとことんこだわった家族経営のブティックワイナリーだ。
1973年に商業用のブドウ栽培として、リースリングが植樹され、南島最古を誇る。1998年にカフランギブランドがスタートし、今では、ソーヴィニョン・ブラン、リースリング、シャルドネ、ピノ・ノワール等を栽培している。
“カフランギ”はニュージーランドの先住民族マオリ族の言葉で“秘宝”、“秘蔵の品”と言う意味があり、ロゴはカフランギ国立公園の渓谷や西海岸のビーチで増殖しているニカウヤシをモチーフにしたものだ。
現在のチーフワインメーカー、ニール・トッド氏は2001年にカフランギへ合流し、2004年にチーフワインメーカーとなった。2005年には国際ワインチャレンジでトロフィーを獲得などの活躍を見せた。
2013年にはフランス人醸造家のエマニュエル・デヴィッド氏が加わり、彼女の、ブルゴーニュはもとより、南アフリカやオーストラリア等での多彩な経験が、カフランギの畑やブドウ造り、ワイン造りにまで影響を与え、ワイナリーの歴史に新たなページを刻もうとしている。
現在所有しているブドウ畑は、最古のリースリングとソーヴィニョン・ブラン
の、Upper Moutere。そして、カフランギ国立公園のMt.Arthurの麓にはリースリングとピノ・ノワールを所有している