マウント・ディフィカルティ・ワインズ|Mt. Difficulty Wines

セントラルオタゴにブティック・ワイナリーとして1998年、バノックバーンにあるブドウ栽培家ら4人によって設立された。設立の翌年には、ニュージーランド航空・ワイン・アワードでピノ・ノワールがゴールドメダルを獲得し、一躍名を馳せた。

英国の評論家マシュー・ジュークス氏とオーストラリアの評論家タイソン・ステルツァー氏による、NZのピノ・ノワール生産者の格付け「グレート・ニュージーランド・ピノ・ノワール・クラシフィケーション」では、マウント・ディフィカルティ・ワインズは第1回の格付けから5つ星を獲得し、常にトップに君臨している。
マウント・ディフィカルティー・ワインズのセラードア(試飲販売所)&レストランは 小高い丘の上にあり、セラードアからバノックバーン、クロムウェルが一望 できる。 その開放的なロケーションから、このレストランも人気がある
ワイナリーのあるバンノックバーン地域は粘土質と砂利が混ざった理想的な 土壌であり、ワイナリーの名前の由来ともなったディフィカルティ山が微気 候をもたらし、ピノ・ノワールや白ワイン品種に最適なテロワールを兼ね備えています。