デヴォータス|Devotus

デヴォータスは2013年に北島、マーティンボロにドン・マコーナキー氏と奥様のヴァレリー氏によって設立されました。ファーストビンテージは2014年と非常に若いのですが、ブドウ畑は樹齢2030年を超えるものがあり、良い環境でスタートする事が出来ました。また、隣にはマーティンボロでも有名なドライ・リヴァーがあり、ドン氏が準備中に勤務していた事もあり、アドバイスももらえる環境でした。

より良いワインを作る為のブドウ畑には、土壌の健康を活性化させるオオムギ、オートムギ、えんどう豆などを畑の栄養分として植え、自然本来の力でブドウを育てています。子供達が安全に安心して遊ぶことの出来るブドウ畑で、可能な限り家族で全てを行うと言うモットーの元、手摘みでブドウを収穫しています。